あゝ、荒野バナー

イコ・ウワイス主演「ヘッドショット」感想。相変わらずのシラットアクションだった!

銃撃戦や東南アジアの伝統武術『シラット』を駆使した肉弾戦など熾烈な死闘を繰り広げる驚愕のノンストップ・アクション映画『ザ・レイド』で一躍その名を広めた、インドネシアのアクション俳優『イコ・ウワイス』

『ザ・レイド』、『ザ・レイド/GOKUDO』に続く“シラットアクション”『ヘッド・ショット』を今更ながら観たので感想を書いていきますよ~(^ω^)

ネタばれは極力避ける方向でいきます!

U-NEXT

ボーンシリーズみたいなあらすじ

原題:Headshot
2016/インドネシア 上映時間118分
監督:ティモ・ジャヤント、キモ・スタンボエル(a.k.a.モー・ブラザーズ
製作:マイク・ウィルアン、スクデフ・シン、ウィッキー・V・オリンド、西村信次郎
脚本:ティモ・ジャヤント
撮影:ユヌス・パソラン
音楽:ファジャ・ヤスキマル、アリア・プラオギ
アクション演出:ウワイス・チーム
出演:イコ・ウワイス、チェルシー・イスラン、サニー・パン、ジュリー・エステル、後藤洋央紀

<あらすじ>
頭部に銃弾が打ち込まれ、瀕死の状態だった男(イコ・ウワイス)は、2カ月後にようやく目を覚ますが、自分の過去や名前といったすべての記憶を失っていた。

徐々に回復した男はイシュマエルと名付けられ、治療にあたった女医アイリン(チェルシー・イスラン)と次第に惹かれあっていく。

死んだはずの男が生きていることを聞きつけた犯罪組織のボス・リー(サニー・パン)は、イシュマエルをおびき出すためにアイリンを誘拐。

アイリン救出のためリーのアジトへ乗り込んだイシュマエルは、刺客たちとの激しい戦いを繰り広げる中で、失われた記憶がよみがえっていく。

出典 映画.com

ものすごーく簡潔に言うと、
「瀕死のところをかわいいヒロインに助けられたけど記憶がないよ! ヒロインが危ないところを助けたらなんか自分めっちゃ強かった!わいって一体何者!?」
っていう映画。

こう聞くと、“あの映画”を彷彿とさせる内容ですね!
そう、マットデイモン主演の『ボーン・アイデンティティー』ですね!

あちらはシリーズ化されて、マット・デイモンの代表作になるほど人気シリーズとなりましたね。

ドラマ性を持たせつつ相変わらずのシラットアクション!

『ザ・レイド』ではストーリーってなんだっけ?ってなくらい最初から最後までノンストップアクションでした。

一方こちらの『ヘッド・ショット』では、ヒロインである女医とのロマンスや、自分は一体なにものなのか?という苦悩や、記憶を取り戻してからの葛藤などドラマ部分も描かれています。

 
「イコ・ウワイスにドラマとかいいんだよ!」という方はご安心を。
冒頭を我慢したら中盤から後半は相変わらずのノンストップアクションの応酬!

それ故いい意味で(?)ドラマ部分に感動的な要素や伏線などはありません。
そこを描くのに時間を使うならアクション魅せてくぜ!という感じ(^ω^)

 
で、肝心なアクション部分ですが、『ザ・レイド』の衝撃が大きすぎたのか、「相変わらずのシラットアクションだがザ・レイドには劣る」という感じ。
ただこれは『ザ・レイド』の初見のインパクトに自分が引きづられているだけの可能性もございますw

 
やはり相変わらずの”痛み”が伝わってくる感じや、個人的には刃物で切られた時の音がなんかヒヤってするぐらい「うっ、痛そう…」感がありますね。
観終わった後はやっぱり「うん!今回もカッコ良かった!」と単純明快にスカッとする映画でした!

女性陣が美人!

あと、個人的な見どころとしてはメインキャストの女性陣が美人!というところですかね(^ω^)

ヒロインの女医:アイリン役のチェルシー・イスラン。

作中ではとにかくフルボッコにされて血だらけ痣だらけにされますが、精神力の強いヒロインを演じています。

そして『ザ・レイドGOKUDO』では“ハンマーガール”を演じたジュリー・エステルが今回も敵役で出演しています。

美しい女性たちの体を張ったアクションも今作の見どころですよ!全国のお父さん!

まとめ

今作の『ヘッドショット』では、『ザ・レイド』では見られなかったロマンスや記憶を失った男の苦悩など、アクションだけではないイコ・ウワイスの”演技”が垣間見える作品でした。

リーリンチェイがジェット・リーとしてハリウッドデビューしたように、今後はイコ・ウワイスのハリウッド主演アクション映画に期待したいですね!

 
今回は動画配信サイトU-NEXTで視聴しました!
イコ・ウワイスの現在出演している映画は下記の通り。
 

公開年 邦題
原題
役名 備考
2009 ザ・タイガーキッド ~旅立ちの鉄拳~(英語版)
Merantau
ユダ
2011 ザ・レイド
The Raid: Redemption
ラマ
2013 ファイティング・タイガー
Man of Tai Chi
ギラン 米中合作
2014 ザ・レイド GOKUDO
The Raid 2: Berandal
ラマ
2015 ビヨンド・スカイライン(英語版)
Beyond Skyline
レジスタンスのリーダー 格闘シーンの振り付けを兼任
2015 スター・ウォーズ/フォースの覚醒
Star Wars: The Force Awakens
ラズー・クィン・フィー(カンジ・クラブの一人)
2016 ヘッド・ショット(英語版)
Headshot
イシュマエル

出典 wikipedia

U-NEXTだとイコ・ウワイス出演作は以下の作品が視聴できます。(2018年4月24日現在)

 
↓31日間無料&600ポイント付き↓ U-NEXTでヘッドショットを無料視聴する

※無料期間内のみ利用したい場合は期限内の解約手続き忘れずに!

香港映画みたいなゲームといえばコレ!

スポンサーリンク
君の名は。バナー
ガンダムバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする